新卒採用情報(令和2年度高卒者。なお、専門卒・大卒は別途)

募集職種
土木技術職員(施工管理業務全般)
勤務地
北海道帯広市・十勝管内
募集人数
若干名
月給
203,000円(職務手当含む)
各種手当
資格手当、時間外勤務手当、通勤手当(10,000円)、冬季暖房手当 一律 ¥130,000/年
昇給
年1回(6月) 2,000円~10,000円
賞与
年3回(夏季・冬季・決算)
勤務時間
8:30~17:30
休日・休暇
年間休日約100日
週休2日制・祝祭日・夏季休暇・年末年始休暇
(但し、入社1年目は年間休日120日)
福利厚生
退職金制度
資格取得時費用全額補助
【報奨制度各種】
  資格取得時
  各官庁表彰受賞時
  業務改善提案採用時
  セーフティーラリー 年2回

中途採用 (令和2年度)

募集職種
土木技術職員(施工管理業務全般)
勤務地
北海道帯広市・十勝管内
募集人数
若干名
月給
モデルケース(30才 1級土木施工管理技士)¥280,000~ ※等級制のため能力に応じて昇給あり
各種手当
資格手当、時間外勤務手当、役職手当、冬季暖房手当 一律 ¥130,000/年、自動車借り上げ(持込みの場合)
昇給
¥2,000~¥11,000
賞与
年3回(夏季・冬季・決算)
勤務時間
8:30~17:30
休日・休暇
年間100日
福利厚生
退職金制度
資格取得時費用全額補助
【報奨制度各種】
  資格取得時
  各官庁表彰受賞時
  業務改善提案採用時
  セーフティーラリー 年2回

仕事紹介

営業部のお仕事について

株式会社伊豆倉組 営業部 課長
古澤 直理(平成19年入社)中途入社

受注に直結!やりがいのある仕事!!

私の現在の仕事は、土木公共工事入札に対する営業・積算業務です。近年の多くの公共土木工事は、大きく分けて積算額の適正と技術提案の内容で受注先が決定されます。その中で、適正な価格を算出する積算業務は責任重大な仕事だと思います。

私は学生の頃から北海道の基幹産業の一つである建設業に関わり、大きな仕事に携わりたいと考えていて、平成19年の入社当時より積算業務に携わってきました。本来、営業事務と積算業務という仕事への重複に不安がよぎりましたが興味心の方が勝り、積算業務の奥深さに驚き戸惑いもありましたが、上司や先輩社員のサポートもあり今では自分の算出した見積もり額に自信が持てるようになりました。

この仕事は、結果が受注と解りやすいのが特徴です。正に会社の業績に直結するので落札した時は喜びを感じますし、それが苦労した現場であればある程努力が報われた気がします。

私は営業部に所属していますが、会社の屋台骨を支える仕事と自負を持ち責任を持って仕事に臨んでいると思います。部内のみに係らず土木部や総務部と連携し、ときには談笑し、集中する時は真剣に取り組む部署です。

近年公共工事の削減に伴い、事業も縮小されつつありましたが、災害対策、老朽化した構造物の補修等、建設業の必要性が見直されています。技術者の不足や公共工事入札参加に際しての若手技術者登用の加点等、若手に対して大きな期待がもたれているので、即戦力として期待され、やりがいのある職業だと思います。就職活動は大変だとは思いますが、自分が一生懸命働ける仕事に就けるよう頑張って下さい。

土木部のお仕事について

株式会社伊豆倉組 土木部 課長補佐
佐野 雅俊(平成26年入社)中途入社
この業界での年数(平成10年~現在)

私が現在担当している業務は、土木工事現場での施工管理全般です。そもそも施工管理というのは、工事の内容や図面をもとに、現場の状況に沿った施工方法の検討や測量管理、写真管理、出来上がった物の出来形管理等、工事現場すべての管理を行うことです。

平成10年に帯広工業高等学校を卒業後すぐにこの業界へと足を踏み入れました。当時は当然ながらなにもわからず、上司の教えを得ながら、上司の動きを見ながらただただ毎日が勉強でした。学校での授業の続きみたいなものです。仕事のイロハを教わりながら一生懸命作業をしていましたが、ミスを連発し、上司からけっこうなお叱りを受ける日々も続きました。本当にこの業界を続けていけるだろうかと悩んだ時期もありましたが、2年目の終わり頃からでしょうか、徐々にですが自分が行う仕事に自信が持てるようになったかなと思っています。

この業界はなんといっても経験を積むことです。入社してすぐになんでもできる人なんていないです。いたらその人は奇跡の人です。私はこの業界に就いて約20年が経ちました。辛い日々を乗り越えたからこそ自分が今この位置に立てているんだなと思っています。

工事現場というのは自分の思った通りに進まず毎日が試行錯誤の連続ですが、工事に携わっている仲間と一体となり、工事を完成させたときの『達成感』というのは、言葉に表せないほどうれしいものです。そして、自分が担当した橋や道路が皆に利用される達成感が次への励みになります。

建設業界は若手不足に悩まされています。この業界に興味を持っている若い人たちが当社『伊豆倉組』に来てくれることを心よりお待ちしています。一緒に『達成感』を味わいましょう。

土木部のお仕事について

株式会社伊豆倉組 土木部 
貞本 皓翔(平成31年入社)
この業界での年数(平成31年~現在)

私が現在担当している業務は、土木工事現場での施工状況の写真撮影・整理や測量を中心に行っています。他にも現場書類作成や、図面作成なども行います。

現場では丁張といって、構造物を作る為に必要な高さや角度を求める基準となる仮設物を設置します。設置するのも私たちの大事な仕事の一つです。 丁張を基に作業員さんは作業を進めていくので、高さを間違えたり角度を間違えてしまったらやり直しになってしまい時間も無駄にしてしまうので、責任のある仕事だと思って取り組んでいます。

入社当時は何もわからない状態で、覚えることも多く大変な思いをする時期もありましたが、徐々に自分でできる仕事が増えてきて、今ではやりがいを感じられるようになってきました。

皆さんが思い描く建設業界へのイメージは決して良いとは言えないと思います。朝の作業開始時間は他の業種と比べたら早いと思います。ですが、残業はほとんど無く、休日もしっかり取得できるので、プライベートの時間も多く確保でき良いところも沢山あります。

この業界に少しでも興味があるのであれば、一緒に働いてみませんか?